教えて! KATZ

北海道 倶知安町・ニセコ地域 / リハビリテーション(スポーツ障害)・アスレチック(スポーツ)・アダプテッド(障がい者スポーツ)のKATZ

リハビリテーション(スポーツ障害)・Athlechic(スポーツ) Adapted(障がい者スポーツ)はKATZ!

CYCLE SPORTS

新年明けましておめでとうございます。

久々の更新です。

2016年は全く走ることができませんでしたが

2017年は自分の意のままに進んで行こうと思います。

さて

当ブログNISEKO ROADは

私自身が自転車から得た事と
「自転車で健康と社会貢献」を趣旨に作成してきました。

私ができることはなんだろう 



この1年 ず〜っと考えてきました。

自転車でもなんでも良いのですが

自分が書きたいと思ったことを 書いて行こうと思います。


書き続けることができなくなった理由として

他人の目を気にしてしまい

自分を見失っていた

というのは否定できず、まぎれもない事実です。


このブログは私のブログです。


読者の皆様方におかれましては

「?」と感じる事も多いかと思います。


今後もどうぞよろしくお願いします。Katz



このエントリーをはてなブックマークに追加

2016 ツールド北海道 観戦してきました!

スタートから浅里方面へ向かう集団

いやあ やっぱりかっこいいなあ
プロの部になると、ほんとに目ん玉飛び出そうになるくらいかっこいい笑
resize0039


















北海道からは地域選抜チームと北海道大学チームが出場

ジャージを見ただけで声援を送りたくなりますね!


その後中山峠を通って倶知安町で待機

ゴール地点 やっぱり盛り上がりますね!
resize0040


















明日はSTAGE3 かなり過酷なコースですね

羊蹄山を一周するってえのが、地元としてはとてもウレシイ!

市民レース出場の方も頑張ってください!

事故や怪我のないように・・・



このエントリーをはてなブックマークに追加

明日 第3回 NISEKO CLASSIC が行われます!

今日はケアルームを展開させていただきました!

場所は.Base 2Fresize0031 13:00~18:00



















簡易理学療法室を設定
resize0029


















選手のケアに関わることができました。


利用者は7名で 一番多かったのは外側ハムストリングスの過緊張状態でした。

各々の症状を理学療法評価させて頂き適切な治療アプローチを実施

明日のコンディションがベストになるといいなあと願っています。
今日、ケアルームを利用してくださった方々 完走と健闘を祈っています!



ちょっと感じたのは 適切な評価が選手に必要なのだということでした。

皆さんも日々トレーニングに時間を費やし

身体の状況について大変理解されているなとも感じたのですが・・・

理学療法評価をすると、「関連性」「因果関係」をハッキリさせることができます。

なかなか理学療法士の技術って伝わりにくいのですが・・・私たちは「動き」の専門家です。分析能力があるので適切なアプローチを選択できると思います。

明日7月10日は10:00〜14:00

ゴール付近のテント内で札幌民間救急さんと一緒に医療活動を行います。

ゴール後のケアなど 理学療法の知識をもって皆さんのケアを行いますので是非訪れてください。

明日 出場する皆さん!
雨天と落車にお気をつけて
頑張ってください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

第3回ニセコクラシックまで2か月をきりました!

ニセコ地域では早速TEAM NISEKOが始動
週末平日関わらずに選手の皆さんが羊蹄山麓地方を駆け抜けてますね!


さて

今年のニセコクラシックでは

「ケアルーム」を開設することになりました!

もう少しで公表されると思いますが

PT:Physical Therapist理学療法士
として

皆さんのベストコンディションのお手伝いができればと思います。

どういうことをするのかは

追って報告しますね!
このエントリーをはてなブックマークに追加

久々の更新です。 いよいよ北海道は雪が溶けて、路面が顔を出しました! しかし! なんかクランクのところからピキピキ音が鳴っててコワイんですけど・・・ ひとまずちゃんとショップで見てもらってから走ろうかなと思います。 image さて いつもお世話になっているKumaさんとディスカッションしていると セッティングにおいてとても重要なポジションの概念がわかりました。 全てのスポーツに共通するであろう「パワーポジション」という概念です。
  「パワーポジション」はバスケットボール等でよく使われる用語ですが いわゆる「構え」とか「そのポジションからどの方向にも行ける姿勢」を指します。 そして パワーポジションは「一番ラクに チカラを発揮できるポジション」と定義しても良さそうです。 すなわち 優れたセッティングというのは この「パワーポジション」を自転車の上で表現できたセッティング と定義することができるかもしれません。

私が行った調査によると

どうやら自転車競技・ロードバイクに乗っている時の痛みというのは

「競技歴」と関係がありそうなのです。

下の図をご覧ください。
hjdashjkadhjkhs











痛みが ある と ない と
競技歴を1〜5年 6〜10年 11年以上
に分けて見ました。

痛みがある人は平均競技歴が5.7

痛みがない人の平均競技歴は8.3

んでもってこれを統計処理してみたんです。

そしたらですね「有意差」=「これは差があるよ」ということが証明されたのです。

よって

結論としては

ロードバイクをはじめて もしくは 自転車競技をはじめて 6年以内は痛みが発生する可能性は高いよ
 

ということです。
 
では なぜ?という話しになるのですが

私の持論は
.札奪謄ングが適切ではない
▲侫ームが完成されていない

この2つに大別されるのでないかと考えています。

フィジカル(身体)機能と疼痛発生の因果関係は今後調査しますが
私の調査では

腰背部の固さと 腰痛の発生 は有意に関係していない

ことがハッキリしています。参考にまでに→FFD

今後のテーマとして

どういうセッティングをすべきなのか

良いフォームとは?

が課題として見えてきましたね。




私が198名の選手を対象に行った調査では

44%=「約半数の選手がなんらかの痛みを持っている」という結果になりました。

痛みの部位としては腰痛が圧倒的 確定している診断名としてはいわゆる腰痛症・腰椎椎間板ヘルニア・腰椎すべり症等があげられました。
dsadasdasjklasdjkasl




















腰部・臀部について多かったのが膝関節の痛み

こちらは腸脛靱帯炎・変形性膝関節症があげられました。









↑このページのトップヘ